《隋書・東夷列伝》の中には、隋の大業三年(608)、裴世清が倭国へ派遣された際の報告に基づくと思われる記事がある。それによると、竹斯国から東は十余国を経て海岸に達した、という。海岸とは、倭国の海岸ということで、《日本書紀》を参照すると、推古天皇の十六年六月に、裴世清らが難波津に泊まった、という記事がこれに対応する。すると難波まで来て初めて倭国に着いたということで、それ以西は何なのかというと、「竹斯国より東は、みな倭に附庸する」とある。

 附庸とは、《孟子・万章下》に、

天子之制,地方千里,公侯皆方百里,伯七十里,子、男五十里,凡四等。不能五十里,不達於天子,附於諸侯,曰附庸。

天子の制、地は方千里、公・侯は皆方百里、伯は七十里、子・男は五十里、凡て四等。五十里にりなくば、天子に達せず、諸侯に附き、附庸と曰う。

 とあるように、小国の君主は天子に直に挨拶することができず、諸侯に交渉を負託し、その国は附庸と呼ばれる。

 《隋書・東夷列伝》には附庸の用例が他にもある。百済国の南海には