働く事自体が向いていない人間、ダイナです。
たまに、新卒時で自分が就職していた時の事を考えます。
もし、私が新卒時で就職していてら、一か月で辞めていたと思います。


学生の頃から、就職したくないという気持ちは強かったです。
いざ、借金苦の状況下にあったため、バイトとして働きましたが、仕事は楽しく感じませんでした。
四年も働いて、働く喜びをそれほど感じる事はできませんでした。



むしろ、四年も働いて、苦痛と窮屈としか思いませんでした。
仕事は大変でしたが、人間関係は悪くありませんでした。
仕事を面白くしようと努力しましたが、苦痛と窮屈さを薄める事は出来ませんでした。


私は、おそらく働く事に向いていない人間だと、はっきり自覚しました。
これまで私は、バイトを二回クビになっています。バイトの面接も何十回も落ちました。
自主退社も三回もしています。


とにかく働けば働くほど、仕事が嫌いになっていきます。
飽き性という原因もありますが、労働の資本である「身体」が追いつかない事が多いです。
身体が辛くて仕事を辞めた事は、二回経験があります。


もう一つは、無駄に神経質である事。
どうでもいいことまで、時間をかけたり考えたりしてしまいます。
だから、凄い仕事が遅いため、早々にクビにされてしまうのです。


このように、肉体的にも精神的にも労働に適していない人間である事が良く分かります。
スピードを求める社会と超スローペースの私では、対極的な関係と言えるのです。
社会に出れば、私は毎日無理をしなくてはいけません。いずれ、倒れるでしょう。


まあ、駄目ならば駄目なりに考えて生きるしかないと思います。
だからこそ、私は私自身の生き様を考えなくてはいけません。
インターネットも、その願いを叶える手段の一つだと思っています。


仕事が続かないならば、続かないなりに稼ぐ方法を考えた方がいいと思うようになりました。
仕事である以上、無責任な事は出来ませんので、辞め時はしっかり考える必要はあります。
我慢して仕事しても、ある程度までしか実力は尽きませんからね。なら、新規一転で・・・。


いっその事、よろず屋でもやってみた方がいいのかな?
稼ぐとなると、それなりに資金が必要になるから駄目か・・・。
そもそも、もう働こうという意思が徐々に薄くなっているからなぁ・・・。


やっぱ、私はニートですね。
何もしないで楽しいと感じる私は、どっかズレているのかも・・・。


ここまで読んで頂きましてありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。